• プロフィール

    1953年福島県生れ。法政大学法学部卒。
    民間企業、地方公務員を経て自然写真家となる。
    (公社)日本写真家協会会員・(公社)日本写真協会会員・日本自然科学写真協会会員。
    フォト寺子屋「一の会」主宰。
    日本写真家連盟(PFJ)常任講師。
    写真愛好家には、しあわせな写真人生のための『写真による自分史つづり』を提唱している。
    写真雑誌や各種フォトコンテストの審査員も数多く勤める。

     

    □ 写真展
    1995年
    「水幽玄-裏磐梯絶景-」富士フォトサロンほか
    1999年
    「尾瀬しじまの旋律」富士フォトサロン(東京・大阪)
    2001年
    「貴重な日本の自然-尾瀬-」福島県未来博覧会会場
    2002年
    「尾瀬の聲」ペンタックスフォーラム(東京)
    2004年
    「裏磐梯の聲」 富士フォトサロン(東京・大阪)
    2005年
    「裏磐梯の聲」 富士フォトギャラリー宇都宮(栃木)
    2006年
    「裏磐梯の聲」 フジカラーアウラ(新潟)
    「おぐにの聲―山形県小国町だより―」ペンタックスフォーラム(東京)
    2007年
    「おぐにの聲―山形県小国町だより―」富士フォトサロン(仙台)
    富士フォトギャラリー宇都宮(栃木)・高崎(群馬)・新潟(新潟)
    2008年
    「裏磐梯の聲」福島市写真美術館
    2010年
    「櫻乃聲」富士フイルムフォトサロン(東京・大阪・名古屋・福岡)
    富士フォトギャラリー新潟(新潟)
    2012年
    「-日本列島-季乃聲」富士フイルムフォトサロン(東京・大阪・名古屋)
    福岡市美術館・富士フォトギャラリー新潟(新潟)
    2013年
    「櫻乃物語」ペンタックスフォーラムギャラリーⅠ&Ⅱ(東京)
    富士フォトギャラリー新潟(新潟)

     

    □ 作品集及び著書
    1993年
    ポストカード「裏磐梯の変幻」
    1995年
    ポストカード「裏磐梯変幻景」
    写真集「裏磐梯彩景」(日本カメラ社刊)
    1999年
    写真集「尾瀬しじまの旋律-悠久六千年の呼吸-」(日本カメラ社刊)
    ※この写真集は、日本図書館協会選定図書となる。
    「鈴木一雄の世界・Pentax645作例集」(ペンタックス・ファミリー)
    2002年
    写真集「尾瀬の聲」(日本カメラ社刊)
    2004年
    写真集「裏磐梯の聲」(日本カメラ社刊)
    『露出の極意-スポット測光術のすべて-』(日本写真企画刊)
    『一眼レフ露出のテクニック』(成美堂出版)
    『風景写真が必ず上手くなる露出決定術』(学習研究社刊)
    2006年
    写真集「おぐにの聲―山形県小国だより―」(日本写真企画刊)
    2007年
    『風景写真の極意Ⅰ』(日本写真企画刊)
    2009年
    『鈴木一雄の風景四大聖地』(モーターマガジン社刊)
    2010年
    写真集「櫻乃聲」(日本写真企画刊)
    2011年
    『デジタル露出の極意』(日本写真企画刊)
    2012年
    写真集「-日本列島-季乃聲」(日本写真企画刊)
    2013年
    「-見たい撮りたい-日本の桜200選」(日本写真企画刊)

     

    □ その他
    (コラム)
    1998年4月~1999年3月 日本経済新聞に「風景グラフィック」を連載

    (審査員)
    「第36回JPS展一般公募」
    第45回富士フイルムフォトコンテストのネイチャー部
    第35回全国高等学校総合文化祭写真展
    第64回新潟県展
    第36回福島県展
    秋山庄太郎記念米沢市写真文化賞(第8回)
    NTT東日本カレンダーフォトコンテスト(第3回)
    “あきたの四季”フォトコンテスト
    “みちのくの四季”フォトコンテスト
    ふくしま星・月の風景フォトコンテスト
    新潟フジカラーフォトコンテスト
    長野フジカラー「信州写真展」
    新潟県見附市第38回市展
    新潟県佐渡フォトコンテスト
    福島県塙町ダリアフォトコンテスト
    山形県小国町フォトコンテスト
    ペンタックスファミリーサロン展
    月刊誌『フォトコン』
    月刊誌『カメラマン』
    月刊誌『日本カメラ』
    隔月刊誌『風景写真』
    隔月刊誌『四季の写真』
    等のフォトコンテスト審査員を歴任

    「聲」 - こえ -

    私の写真集及び写真展のタイトルは、2002年以降は「…の聲」というように“聲(こえ)”シリーズに統一している。それが、私の風景写真に取り組む基本姿勢であり、アプローチの根幹となっている。以前は、被写体を作品作りの素材ととらえる傾向があったように思える。あたかも料理人のように、良い素材を求め、そして己の腕前で如何に素晴らしい料理=作品に仕上げていくか…。

    だが、長年にわたって尾瀬の撮影に取り組んでいる中で、“自然との一体感”がとても大切に思えるようになってきた。その核心は、自分自身のこころをやわらかくし、被写体=自然界が発する“聲(こえ)”をとらえ、そして受け入れることにある。そうすることによって、今までには見えなかったものが見え、意識できなかった事象が意識できるようになった。その結果、自然と一体になることの喜びと、心に響くたくさんの映像を得ることが可能になった。

    風景写真というジャンルでは、今なお美しい風景=「美の聲」が重要視されており、多くの写真愛好家も色彩鮮やかでドラマチックなシャッターチャンスを追い求める傾向が強いようだ。だが、自然界が発する聲には、さまざまなものがある。美の聲だけではなく、命の聲、歴史の聲、そして環境の聲などいくつもの聲が発せられている。それに対し、“映像美”というフィルターをかけ過ぎると、被写体は見えなくなってしまう。こころを澄まして聲を感じ取ることで、眼前の風景や被写体をしっかりとらえることができよう。

    「命の聲」は、常に私たち人間の課題として、私自身の問題としてこころに響いてくる。若いころは、花でいえば満開を求めたように、命の盛り・勢いに目が奪われがちであった。しかし今では、足元の小さな命の誕生や命の成就という姿にも敏感に反応するようになってきた。

    「歴史の聲」は、“現在”と“未来”を正しく認識し、予測するための鍵である。現在の自然環境や景観は、過去の歴史の延長上にある。表面上の美学にとどまることなく、礎となっている過去を学ぶ姿勢を大切にする。それは、風景写真だけではなく、生活のすべてに通ずる大切な鍵ともいえる。そのことによって、私自身の作家活動と作品にどれだけ広がりが生まれたことか、感謝している。

    「環境の聲」は、一生懸命に命を全うすることの尊さを教えてくれる。岩盤のわずかな隙間や、いつ崩れてしまうかわからない断崖絶壁で生活している木立…。外来種のブラックバスに追われながらも必死で逃げのび、子孫を残しているワカサギ…など、いろいろな被写体から前向きに全力で生きることの重要性を学んできた。

    被写体が発信しているさまざまな聲をしなやかに受け止めること、それが私の作家活動における基本姿勢である。

    「一写入魂」

    はじめに

    雨であっても 曇りであっても
    新緑や紅葉がよくとも 悪くとも
    朝焼けが期待通りになっても ならなくとも

    今日で出会えた光景に 素直に 感動しよう
    生きていることの喜び
    シャッターを切れることの喜びの灯を
    決して 絶やさずに
    こころを 喜びでふるわせよう

    感動喪失病にならないよう
    いつも 被写体に 自然界に
    支えてくれるすべての人に
    そして 神に 感謝しよう

    人との競走や 欲を捨て
    ひたすらに 出会いの光景を
    祈るように 描こう

    感動と喜びが 画面に宿り
    それが 作品の力となろう
    それが 自分史に残る 作品となろう

    自然写真家 鈴木一雄

    『風景写真の極意』(日本写真企画刊)より抜粋

    「自分史つづり」

    私は、写真愛好家との関わりが深い。写真教室や撮影会、セミナーや講演会などを通し、写真愛好家の方々の写真人生をサポートするという関わりである。そこでは、写真を上達させるための技術論や精神論とともに、“自分史つづり”の普及活動に力を注いでいる。

    というのは、これまでに写真愛好家のたくさんの挫折を見聞きしてきたからである。例えば、写真展の開催や写真集の自費出版という目標を立てている人が、その目標を達成したとたんにガクッとしてしまう人が多い。いわゆる目標の喪失感に襲われてしまうからである。その現象は、コンテストで競っている人などにもみられる。

    ゆたかな写真人生に高めていくには、もっと壮大な目標を持つようにしたい。そうすることで、フォトコンテストは戦いの場ではなく楽しい学習の場、写真展や写真集も写真人生を充実させるための一里塚、と位置づけることができよう。

    壮大な目標とは、『自分史つづり』を目指すこと、と私は考えている。人は死んでしまうと、ほとんどのものは失われる。悲しんでくれた人の中の記憶も薄れ、残された遺品もひとつずつ消えていく。本人が大切にしていたポジもデータも、写真を熱心に撮らない人にとっては、たとえ遺族であってもやがてゴミとして扱わざるを得ない。自分という人間が、この世に生まれ、確かに生き抜いた証を残そうではないか。そして、自分はどのような人間であったのか。何に感動し、どのような作品を生み出してきたのか。それらを、写真と自分自身の言葉で、一冊の『自分史』にまとめあげていこうではないか。

    私が提唱する自分史は、いわゆる写真集ではない。写真集は、生きている間に何冊も作ることはできるが、それは基本的に“自慢史”である。私が唱える“自分史”とは、「自分という人間がいかなるものであったかを後世に残す役割を有するもの」「原稿と経費は準備するが、できあがりは確認しない」という性質のものである。

    自分史の内容は、“作品編”と“人生の歩み編”の二部構成を想定している。作品のまとめ方は、①テーマを設定してまとめていく、②テーマは定めずに、感動のものさしで選んでいく、という手法が考えられる。写真集ではないので、自分自身にふさわしい方向性を考えて行けばよいのではないか。ただ作品には、ひとつひとつ「作品への思い」を書き綴っていこう。一般的な写真集の作品解説ではなく、なぜこの作品が大切なのか、自分自身の感動は何か、などの心の吐露を述べる作業だ。

    「自分史」を構成するのは、「作品編」のほかに「人生の歩み編」を設けよう。それは、生まれたときから死ぬまでの、自分の歴史である。どこで生まれ、どのように育てられてきたのか。また、自分にとって重要な事柄は何だったのか。いかなる時代に、社会に、いかに生きてきたのか。助けられた恩人への感謝のことなども、忘れないように綴っておきたい。人生の足跡を日記のようにつづってもよいし、年譜のように述べてもよい。

    さらに、自分の両親の事柄も分る範囲で書いておこう。もちろん、家系図などがあるのなら、それを掲載するのも価値がある。子どもや孫へと引き継がれる大切な情報なのだから。両親から引き継いだ生活の知恵や愛情なども自分にとっての文化遺産だ。家族の写真や思い出深い写真などがあったら、この“人生の歩み”編にとどめておくのもいいだろう。

    そのようにして作り上げられる自分史は、「自分の一周忌の引き出物」にしてはどうか、というのが私の提案である。自分がこの世を去った一年後の法要に、自分を偲んでくれる人たちにプレゼントするのだ。その自分史は、大切なものとして扱われるだろう。何よりも、自分が生きた証を、そのメッセージをしっかり残すことができることに意義がある。

    「写真のリアリズム」

    写真とは何か

    □修正し過ぎて掲載禁止!
    この本の原稿を書き始めてから、数日たったある日の朝のことである。インターネットで主なニュースを閲覧していると、「美し過ぎて掲載禁止に!」という衝撃的な見出しが目にとまった。

    それは、イギリスにおける化粧品の広告写真を巡る騒動であった。ある化粧品会社がジュリア・ロバーツをモデルに採用した広告を出したのだが、国会議員のひとりから「デジタル処理によって修正されていて非現実的」という指摘がなされた。それを受けたイギリスの広告基準局(ASA)が「広告画像が商品の効果を正しく表していると結論づけることはできない」として、広告写真の掲載を禁止する決定を下した、というのだ。

    □画像処理の落とし穴
    化粧品会社は、「肌を明るく、影をなくし、目の周りにシェードを入れ、唇をなめらかに、眉を濃くして いる」という点は認めているらしいが、まさかそれが〝非現実的〟という判断で掲載禁止になるとは思っていなかったようだ。

    私は、画像処理には禁断の魔力がある、と常々思っている。もう少しきれいに美しくと願って加工処理をしているうちに、実物の被写体から次第にかけ離れていってしまうものだからである。例えば夕焼けや朝焼けの画像処理をするとしよう。実際の現場ではさほど焼けなかったとしても、人は皆、もう少し赤くもっとドラマチックにと手を加えていきたい衝動と闘うことになる。そして、その誘惑に勝てる人が、どれほどいるだろうか。

    □写真はリアリティが大切
    広告写真にさえ求められた〝リアリティ〟という問題は、混沌としつつあったデジタル写真の方向性に警鐘を鳴らしたようだ。私たちは写真表現において、とりわけネイチャー作品においてあらためて被写体のリアリティを大切にしなければならない。そのためには、作品の仕上がりだけではなく、被写体に向き合ったときのリアリティをも大切にすることが必要だと痛感する。あとからの画像加工に期待せず、シャッターをきった瞬間に作品を仕上げる、という決意と哲学を持つことが重要ではなかろうか。

    『デジタル露出の極意』(日本写真企画刊)より抜粋

    「鈴木一雄の道具」

    ○カメラ
    【フィルムカメラ】ペンタックス645NⅡ・645N、ペンタックス67
    【デジタルカメラ】ペンタックス645Z、K-1、K-3Ⅱ 他
    ○レンズ
    ペンタックスAレンズ・FAレンズ・DAレンズ・SMCレンズ、リアコンバータ

    ○三脚
    スリック SS284、ジッツオG1548・G1549・G1329・G1228

    ○雲台
    スリックSH-806N、ジッツオG1571・G1572・G1371、マンフロット141

    ○フイルム
    フジクロームベルビア100・100F・50・フジクロームプロビア100F・400X

    ○露出計
    セコニックデジタルマスターL-750D 他

    ○SDカード
    サンディスクExtreme Pro

    ○フィルター
    ケンコー・トキナーZéta EXサーキュラーPL、バリアブルNDX、LEEハーフNDフィルター及びCokinハーフNDフィルター、

    ○カメラブレ装置他
    本橋製作所ジャイロックDT-100他各種、ジャイロックKSH-100(傘ホルダー)

    ○ライトビュアー
    富士フイルムイメージングカラーイルミネータープロB4

    ○ルーペ類
    ペンタックスZOOM PHOTO LUPE 5~11×・smc PENTAX PHOTO LUPE 5.5×、ピーク ANASTIGMAT LUPE 4×、ユーエヌ モニタリングPro-MC

    ○カメラザック
    ラムダ槍ヶ岳(鈴木仕様)・霧ヶ峰他

    ○パソコン
    エプソンEndeverPro7000、パナソニックLet’s note、 Lesance DT

    ○モニター
    EIZO  ColorEdge CG277、EIZO ColorEdge CG243W

    ○プリンター
    エプソンSC-PX5V・PX-G5300

    ○フィルム複写機

    ペンタックスフィルムデュプリケーター

    ○スキャナー
    エプソンGT-X970・GT-9800F

    ○自動車
    トヨタ ランドクルーザー100